ミニチュアを組み立てているとき、しっかりと接着したい/壊れにくくしたいと思ったことはないかい?
そんな時に役立つのが「軸打ち」と言って真鍮線(真鍮でできたハリガネ)を差し込む方法だ。
この作業に必須な工具を順番に紹介しよう。

穴をあけるドリル(ピンバイス)。
この写真ではドリルの刃が折れるのを避けるべく、ドリルの刃を必要最小限だけ出してある。
drill


それに差し込む真鍮線(基本的に1mm)はもちろんだが、さらに重要なアイテムがある。
brass


それが保護メガネだ。
guard

どうして保護メガネが必要かって?
真鍮線を差し込む穴を開ける際、最初から1mmのドリルを使って穴を開ける人もいるが、それだと穴がブレやすい。そこで0.5mmのドリルで小さな穴を開け、それをだんだん大きなドリルで広げていくと失敗しにくいのだ。
ただ、細いドリルの刃は折れやすい!
折れたドリルの刃が飛んで万一目に入ろうものなら失明の大惨事だ。
安全のために、ドリルを使うときは必ず保護メガネをしよう!

さらに、ケガキ針。
needle

これはドリルで穴を開けるところに印をつけるのに使う。そうすると、ドリルがずれにくくなる。

次は、真鍮線を切り離すためのペンチ。これは真鍮線を切れるものなら何でもいいのであえて写真には載せなかった。ただ、真鍮線を切るときもペンチの刃が万一欠けても大丈夫なように保護メガネをしよう!

また、真鍮線を切るときに必要な道具にブルタック(ねり消しゴムみたいなもの)がある。
ブルタック

どうしてブルタックが必要かって?
真鍮線を切り離すとき、一方は穴を開けたモデルに差し込んで押さえ、もう一方にブルタックをつけておくと、切り離された真鍮線がロケットパンチよろしく飛んでいく危険を防げるからだ。(僕は切り離した真鍮線が飛んでいき、液晶テレビの画面に当たりそうになって怖い思いをした。そんなんでテレビを買い替えなんて冗談じゃない!)
ただ、真鍮線を切断する時も安全のために保護メガネはしておこう
繰り返すようだが安全面を考えると本当に重要なことなので。

切り離した真鍮線は、切断面が変形しているので、ヤスリで整形する。金属製ヤスリなら大丈夫だろう。また、ヤスリを使う際、削りかすを吸い込まないために風邪用マスクなどをしておくといいだろう。

さて、接着する部品の両方に穴を開けるわけであるが、穴の位置をできるだけぴったり合わせるには次の方法がある。
まず、一方の部品に穴を開けて真鍮線を差し込み、1~2mmほど真鍮線がでている状態で真鍮線を切り取る。切り取った真鍮線の端をヤスリで整形したら、そこに塗料を付ける。写真ではオレンジ色の点がそうだ。
腕

その部品と相手となる部品とをちょうどいい位置に合わせると、相手部品の方に塗料による印がつく。
本体

(注:ここの作例では見やすくするため直径2mmの印をつけてます。)
そこの中心にケガキ針で印をつけて穴を開ければOKだ。
もし穴がずれてしまったら?
そのときは、開けた穴と同じ直径のプラ棒で穴を埋めてしまおう。接着剤が乾いたらもう一度トライだ!

[応用編:ネオジム磁石の組み込み]
ミニチュアを作る際、こんなことを考えたことはないかい?
●槍、旗、剣 などの装備が違うミニチュアを一体一体作るのではなく、作戦に応じて装備を変えられるようにしたい。(装備を選択して組み立てられるキットのみ可能)
●ミニチュアケースにそのまま入れると細い部分が折れ曲がりそうなので、取り外しできるようにしたい。
●完成品は大きいので、分解して持っていけるようにしたい。
そんなときに役立つのがネオジム磁石を組み込む方法だ。
僕の場合はHIQ PARTSのネオジム磁石(直径2mm 高さ1mm 丸型)を組み込んでいる。
mag


方法は基本的に軸打ちとほとんど同じだ。
違う点としては、穴を開ける際、磁石の直径ギリギリではなく少し大きめに穴を開ける。(例:直径2mmの磁石を入れる場合、その穴は2.2mm)
どうして大きめの穴をあけるのかって?
穴が磁石の直径ギリギリの場合、その深さが中途半端な状態で磁石がハマってしまうと、取り出すのがとても大変だからだ!とゆーか、僕はそれで取り出しに苦労した!
また、磁石を接着する際は、まずゼリー状の瞬間接着剤やWAVEの黒い瞬間接着剤のように粘性が高い接着剤を使う。粘性の高い接着剤を磁石の先端にだけ着ける。極小の磁石の場合、同じ磁石や鉄製のものにくっつけた状態で接着するわけであるが、横に接着剤を着けると余計なところに接着剤がついてしまい、作業が難しくなるおそれがある。(実際、僕はそれで苦労した)
また、ドリルで開けた穴の底は半球状になっているので、磁石と穴底のすき間に密着できる粘性の高い接着剤で接着するのが望ましいわけである。
そうして接着剤が完全に固まったら、磁石を接着したパーツに液体状の接着剤を上から塗っておくと毛細現象で接着剤が磁石と部品の間に流れ込み、より強力に接着できる。
そうして出来上がったのが、このモルグルの騎士だ。
まだ塗装の途中なので、外観については何も言わないでくれ。(^^;)

剣バージョン
剣ver

槍バージョン
槍ver2