道に迷いながらも10月18日にHobbyShop ArrowsでMalifauxのインストをしていただきました。
元々、このゲームにはスチームパンクとゴシック・ホラーの雰囲気を持つイラストが気に入っていて、興味があり、機会をいただけるということで、すぐさま飛びつきました。
 アルカニスト”ラスプーチナ”対ギルド”ルシウス”でのインスト戦です。
P1000475

まず目についたのがラスプーチナ達がクリア素材のミニチュアだったことです。聞けば限定販売されていた品で塗装なしで公式大会にも出せるものだとか。
 氷の魔女というだけあり氷のゴーレムに子鬼とファンタジー色の強い勢力です。ホラーチェック無視やダメージを軽減するアーマー持ちで、死んだら爆発するのが特徴的でした。
P1000477

 対するルシウスは怪しいマスクマンとギルドガードの一団を従えたマフィア風な勢力です。仮面の貴公子のような格好のルシウスは歩くだけで味方を恐れさせ、強制的に行動をさせる能力を持ちまんまマフィアのボスを表現しています。でも、渋くてかっこいいキャラですね。それでいて銃あり、剣あり、アーマーありとバランスのとれた勢力ですので、厄介そうです。
P1000478

 イントロとして25SS(ポイント)でのゲームを行いました。
このゲームはサイコロによるランダム判定をするのではなく、50数枚の山札を用いて判定をするのですが、これとは別に6枚の手札を使って修正ができます。ラスプーチナの勢力は手札を多く消費させやすい能力を持っているように思えました。
 初めてのプレイでしたのでこのシステムに戸惑いましたが、運要素が薄くなり、プレイヤーの判断次第でゲームが展開されるのは面白いですね。勝利条件も多岐にわたり、最後まで優劣が分かりづらいのでボードゲームに近いプレイ感でした。

 インスト戦が終わり、続く50SS戦を観戦していました。
P1000480

 ネヴァーボーン”ドリーマー”の勢力はとにかくバラエティーに富んだ勢力でした。テディーがいて、タコ星人がいて、未亡人クモがいてと個人的にドストライクなモデルの数々。楽しそうだなぁ。
P1000483

 どうもドリーマーはこの化け物(ちょっぴー)に追われているようで、これを再現するのに一定の条件下でドリーマーとチョッピーを入れ替えます。ドリーマー自身は悪夢を生む能力を持っていまして、これだけでも面倒なのに、怪物にも変わるというんですから怖いものです。
P1000484

 草木も眠る丑三つ時ルシウス率いるギルドとドリーマーのナイトメア軍団が教会前で対峙。テレインが少なくてもテーマが一致していれば絵になるなぁ。
P1000489
P1000491
P1000492
P1000493
P1000495
P1000497
P1000500

 その後、二転三転ゲームが動いたのですが、いかんせん日が浅いもので状況が読みきれませんでした。
 わかったことは強そうだったテディが複数の相手を前にしたらさすがに死ぬくらいのバランスだということですね。ネヴァーボーンは柔らかいのが欠点とのことでしたので1ターン2,3体増えるドリーマーだからこそ驚異的に見えたのかもしれません。

 このゲームは本当によく出来たミニチュアゲームで他のゲームとはまた違った遊び方を楽しめます。
何よりイラストに近づけたモデルが精工でとても格好良く、ファンタジーとスチームパンクの合わさった世界観は心躍ります。