Warmachine

War Machine 訓練01

10月6日に開いた定例会ではウォーマシン15pt戦を行いました。
まだルールを覚えきっていないので、結構ルールの誤用適用の忘れがありますので
ご容赦ください。

P1000089

 我がクリクス軍はアイアンリッチ“アスフィクシャス”率いる小隊です。
内容はスレイヤー2体、デスリッパー1体、スカーロック・スラール1体、ピストルレイス1体です。
近距離、中距離ともに対応可能なバランスの良い編成にしました。

P1000087

 対するマーセナリーはダミアノ、タロン、マングラー、スティールヘッド・ライフルメン10体と
近距離重視のバランス型な編成でした。 

 ※戦闘が終わって気づいたことですが、リビングモデルがいたのにカル・ソウルを使わなかったのはもったいなかったな・・・

≪第1ターン≫
 クリクスが先行をとったものの、とくに出来ることもなく、位置の調整をするだけでした。
スレイヤー2体はランし、他のモデルはその背後へくっついて行きました。

 マーセナリーは対照的にライフルメンを前面へ出し、他のモデルは背後に控える形になりました。
コンバインレンジドアタックの脅威を見せるというのですが、位置取りが悪く10人中3人のみが視線を通せず、射撃を行い、スレイヤーに2ダメージ与えます。

≪第2ターン≫
P1000090

 3人だけでスレイヤーヘ2ダメを与えたのは、WC、LJ、ソロにとって脅威と考え、
真っ先にスレイヤー2体で殲滅にかかります。
 先にデスリッパーを経由してブレス・オブ・コラプションをライフルメンへ当て、2人殺します。
随伴するスカーロックはスレイヤー1体にサイシング・タッチでパワーアップします。
 ピストルレイスは自慢の2丁拳銃を発砲するもののダメージにならず。
 スレイヤー1体でライフルメンを2体殺し、もう1体は次ターンに突撃できるよう後方に
待機させます。

 マーセナリーはマングラーをダミアノ近辺に移動させ、タロンと連携をとれるように体制を整えます
ライフルメンはコンバインレンジドアタックによってスレイヤーに3ダメを与えます。

≪第3ターン≫
P1000093

 第2ターンと同じくでデスリッパーを経由してブレス・オブ・コラプションでライフルメンを3人殺します。
随伴するスカーロックはスレイヤー1体にサイシング・タッチでパワーアップします。

※前のターンも同じですがアスフィクシャスがサイシング・タッチをかけた方がアップキープで持続させた方がフォーカスポイントの節約になりました

P1000095

 ここでダミアノまで邪魔するものがいなくなったことに気づき、一か八かスレイヤーをチャージさせます。
 アタック、ダメージともにブーストをかけ、コンボストライクで攻撃!!
 結果はダミアノに12ダメージと致命傷を与えます。P+S24でダミアノのARM16と合計8出せばHP16のダミアノを殺せたのに残念です。
 他のメンバーはデスリッパー除いて、全員で反対方向からマングラー達を挟撃するべく侵攻する準備をします。

P1000097

 マーセナリーは孤立しているスレイヤーをダミアノ、マングラー、タロンでフルボッコに・・・
まぁ、そうなるかぁ・・・程よくアスフィクシャス達から離れて体制を整えられますからね

P1000098

 タロンのスタンランスによってDEFが7に弱体化し、スレイヤー玉砕

P1000099

 ライフルメンはブレス・オブ・コラプションのクラウドエフェクトによってデスリッパーを射撃できないので、移動してピストルレイスを攻撃し、これを殺す

※しかし、インコーポラルを持っているモデルはメレーアタックやレンジドアタックを行なわない限り、マジカルウェポン、スペルなどの特殊な攻撃以外ではダメージを与えられないのです。
忘れてました・・・

≪第4ターン≫
 スカーロックのブレス・オブ・コラプションでライフルメンを2人殺し、全滅させました。アスフィクシャスはスレイヤーにサイシング・タッチをかけます。

※理由は何故か接近戦では反撃があるウォーハンマーFBのルールとごっちゃになっていたからです。
まぁ、これが次ターンで活きてくることはこの時、まだわかりませんでした。 

スレイヤーも前進させ、マングラー、タロンを誘います。

P1000101

 先にタロンがアスフィクシャスにチャージし、マングラーはスレイヤーにチャージします。
結果は1ぞろを出し、スタンランスをミスすることもあり、アスフィクシャスに5ダメ。
スレイヤーは13ダメと大ダメージを食らうものの、分散して五体満足でした。
 
≪第5ターン≫
P1000102

 このターンでアップキープの存在を思い出し、アスフィクシャスは3フォーカスをスレイヤーに渡し、サイシング・タッチをアップキープしました。
思わぬ形で1pt分節約できました。
 マングラーにパラサイトをかけ、フィートを使用します。フォーカスが回復したので、自身にサイシング・タッチをかけ、タロンを攻撃し、これを撃破

P1000103

 スレイヤーはマングラーにダメージブーストをし、これを攻撃、撃破


P1000105

 HP5のダミアノにスカーロックがデスリッパーを経由してブレス・オブ・コラプションをかまし、ダミアノ死亡

ゲームセット 

※一応、ルールブックを読みましたが、ウォーキャスターでもないスカーロックがチャネリングできるのか、今でも疑問です
 
 いろいろありましたが、クリクスとマーセナリーの衝突というのも面白い戦いでした。特にタロンのスタンランスには参った。WC殺しにもほどがあります。
 設定ではスティールヘッドはマーセナリーの中でもクリクスに力を貸す数少ない勢力ですから、この戦い裏でいったい何があったのか想像が掻き立てられます。

 クリクスが一方的に襲ったのか、ダミアノが栄光だか名誉だかのために戦ったのか・・・

次回からはショートストーリーも考えて、対戦を解説してみたいですねφ(・ω´・ @)ノシ

Warmachine世界の背景

今回はWarmachine世界の背景を簡単に説明しようと思います。

Warmachineの舞台はイモレン大陸の西部の「アイアンキングダム」と呼ばれる諸王国です。
主な勢力は以下の通りです。

[シグナー]
ウォージャック(蒸気と魔法で動く戦闘用ロボット)を生み出した国です。
それだけに工業技術はアイアンキングダムにおいて最も発展しております。
「アイアンキングダムの宝石」とも名高いこの大国は四方を敵に囲まれています。
頑健で勇敢なシグナーの兵士たちは、アイアンキングダム最先端の技術で武装して、愛する祖国を脅かす脅威に立ち向かうのです。

[プロテクトレート・オブ・メノス(メノスによって守られている国)]
人類を創造した神メノスの信心深い崇拝者である、熱狂的なプロテクトレート(保護国)の軍隊は聖なる要塞の門から進軍します。広大な未開の地にメノスの教えを広めるために。聖なる炎と苦痛をもって、至るところにいる異端者を見つけて処刑するのです。

[カドーア(ケイドアとも呼ばれます)]
アイアンキングダムの北に位置する帝国、それがカドーアです。
カドーアの民は古の大帝国カーディックの末裔です。
彼らは女帝アン・ヴァナールの下に、アイアンキングダムを征服して古の栄光を取り戻すために戦っています。

[クリクス]
邪竜王トルクの野望は、恐るべき不死の軍勢による帝国クリクスを築きあげました。休むことのない死者の軍勢は、邪悪で強力な魔法を使うウォーキャスターに率いられ、アイアンキングダムに死と破壊をもたらすために戦うのです。
彼らのウォージャックは、重量級は「ヘルジャック」、軽量級は「ポーンジャック」と呼ばれます。

[レトリビューション・オブ・サイラ(サイラの報復)]
イオスのエルフたちは、人が踏み入ることのできない世界に永いこと隠れ続けてきました。しかし、今彼らは戦争を自分たちが生き残るための唯一の手段とみなし、それに備えています。「レトリビューション・オブ・サイラ」と呼ばれるエルフたちは魔法によって強化された武器を手に取り、「ミュルミドン」とよばれる強力なウォージャックを引き連れて、アイアンキングダムにいる人間の魔法使いを根絶やしにする準備をしているのです。 
彼らは、彼らの神の緩やかな死を食い止め、自らの種を救うために絶望的な状況の中で戦っているのです。

[マーセナリー(傭兵)]
彼らは基本的に雇われて戦う身ですが、その戦う理由には、さまざまなものがあります。一般的には金銭のために戦うのですが、以下のような理由で戦う者もいます。
・失われた祖国の復讐のために戦う(アシュリン・ド・エリス)
・国を追われた主君を復位させるために戦う(マグナス・ザ・トレイター)
・困難な戦いに勝って賞賛を得る(アマドア・ダミアノ)
また、傭兵には、陸の傭兵だけでなく、海の傭兵としての海賊もいます。
更に、ドワーフ(ヒゲを剃っています!)、トロルキン、オグラン、エルフといった人外の傭兵もいます。


あなたはどのアーミーを選びますか?

War Machine 試運転

8月25日に開かれた定例会でWar Machineを遊びました。

はじめて遊ぶゲームでしたのでスペルやフィートを除いた簡易ゲームでしたが、
結構ダイナミックなゲームで面白かったです。

ウォーキャスター1人とヘビーウォージャック2機のみの
ケイドアとマーセナリーズで戦いました。

P1000039

デストロイヤー は射撃で削り、
ジャガーノート はランして殴れ、
そして、ハーカヴィッチは後ろで待機

なんてわかりやすい構成なんだ・・・
P1000041

キャプテン ダミアノ
ノックダウンありの射撃可能なミュール
リーチとバックラーと接近戦型のノーマッド

こっちは全体的にバランスが良さそう

P1000031

そんなこんなで始まったゲーム1ターン目はとても静か。お互いランするだけでした。
レンジ外ですから仕方ありませんね。

P1000032

続く2ターン目はデストロイヤーの射撃が外れ、ジャガーノートは接近戦レンジ外で歩くのみ。
ミュールも射撃を外しますが、ノーマッドがリーチを活かして大剣でジャガーノートに攻撃。
これにジャガーノートが9ポイントほど傷つきます。 <結構ゴッソリ減るもんだな(¯―¯٥)

P1000033

3ターン目、このままではジャガーノートが死ぬと思い、ノーマッド撃破すべくアタックロール、ダメージロールをブーストしたアイスアックスで攻撃。
19ポイントのダメージを与える。<ルール間違ってないよね?(・∀・;)
更に残るオープンフィストとフォーカスを使用してのアックスでノーマッド撃破!!
デストロイヤーもダミアノに5ダメージを与えました。

P1000034

ダミアノが後退し、庇うようにミュールが前進し、ジャガーに射撃し4点ダメージを与える。
         熱くなって参りましたo(゚∀゚o)(o゚∀゚o)(o゚∀゚)o

P1000035

4ターン目にはフォーカスポイントの使い方が理解でき、ミュールに
射撃と斬撃を浴びせ、撃破<圧倒的ではないか、ケイドア(´□`ノ)ノ

調子に乗ったのがいけなかった・・・
単身、前に進みすぎたジャガーをダミアノの怒涛の攻撃が襲い、大破

P1000036

続く5ターン目にデストロイヤーとハーカヴィッチを並べ、反撃体制を整えました。
残り2ポイントと虫の息のジャガーも奮戦するがフォーカスの無いジャックではダミアノを捕らえる事が出来ず、あえなく撃破される・・・

P1000037

6ターン目、前のターンに体制を整えたことが吉だったらしく、
デストロイヤーとハーカヴィッチの射撃によってダミアノを撃破できました。

スペル、フィート抜きでのゲームでしたが、それでもフォーカスポイントの
割り振りに悩むシーンがいくつかあったので、結構奥の深いゲームのようです。
規模が大きくなれば尚のことでしょうか。

にしてもこの世界の魔術師って何でこんなに撃たれ強いのだ
ジャックの大砲2発、ハンドキャノン1発を受けて、ようやく死亡とは・・・
どこぞの鼠にも見習ってもらいたい耐久力だ

ウォーマシンについて

今回は、「ウォーマシン」というミニチュアウォーゲームについて書きます。
無題

ウォーマシンというのは、Privateer Pressというアメリカの会社が出しているゲームです。
「ウォーキャスター」という戦士兼魔法使いが魔法と蒸気の力で動くロボット、
ウォージャックとその他の兵士たちを率いて戦うウォーゲームです。
ウォーハンマー(ファンタジー、40,000)と大きく違うところは、それぞれの兵士たちが、
その部隊の指揮範囲である限り、散開して動けるところです。
(ウォーハンマーの場合、例えば、槍部隊1隊は団体でまとまって動くことになっています。)
また、将棋で言えば王様にあたるウォーキャスターが倒された時点で
勝敗が決するところも違います。
さらに、攻撃の判定が、自分の攻撃能力+サイコロ2~4個-相手の防御能力≧1
であれば成功とシンプルなところが僕は気に入っています。
最大の特徴は、ウォーキャスター各1人、ウォージャック各2体
(1体でもいいけど、2体の方が戦術的に面白いでしょう)あれば遊べることです。
ウォーハンマーと違って正式な日本語版はありませんが、
販売店のほうでルールを訳したものを配布しているようです。
(僕がこのゲームを買ったB2FGamesではルール訳を配布しています。)
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ